2014年10月13日

別れたからこそ気付くことがある!


 長く付き合っていたカップルであっても。別れる時はとても簡単です。というよりも、とても些細なことが原因で別れてしまうものです。相手の性格や生活習慣が嫌になったり、ちょっとしたことで喧嘩になって、そのまま別れるなんてこともあります。しかし、なぜ別れることになったのかを冷静に考えてみてください。



たぶん、何か思い当たる節があるはずです。それを許せるかどうかは別にしても、別れた時は許せなかったから別れてしまったということです。歴史と同じで、別れる必然性があったから別れたのだと思います。


 どのような必然性があって別れたのでしょうか?

それは、お互いをより深く知るためであったり、お互いの愛情を確かめ合ったりするためかもしれないし、あるいはこれから長く続けていくことが難しいことを知るためかもしれません。それは、二人にしか分からないことです。別れてから分かることだと思います。



 別れた後に、また復縁したいと思うのであれば、さらに付き合いを深めていく上で必要な別れなのかもしれません。しかし、復縁したいと思わないのであれば、付き合っていくことができないということが分かったということでしょう。



こんな実例かあります。3年もの間付き合ったのに、些細なことが原因で別れたカップルがいます。半年後に、彼から会いたいという連絡があり、二人は会うことになりました。その時、彼女には復縁したいなんて言う気は全くなかったそうです。友達としてやっていければ・・・と考えていたそうです。


しかし、会って話をしていると、こんなに気が楽で楽しく話ができる相手だったんだと、彼のことを見直し、彼女から復縁のアプローチをした結果、復縁できたそうです。そして、その一年後には結婚しました。



 お互いの良さを再確認するために必要な別れだったと考えられますね。なので、今別れた状態にある人は、なぜ別れることになったのかをよく考えてください。そして、もう一度やり直したいかどうかを真剣に考えてみてください。その結論が出てから、行動したのでも遅くはありません。必然性のある別れならば、時間はあまり関係ないのかもしれませんね。


posted by guide at 14:11| 復縁するための知識