2014年11月20日

復縁 元カノ 冷却期間、冷却期間が必要ないケースとは?




 calendar





 「冷却期間はどうすれば良いの?」

 元カノと復縁したい方が最も知りたい質問です。


 プロによると、冷却期間は3ヶ月くらいが普通だそうです。

ただ、いつも冷却期間がいるかというと、そうではないようです。必要な場合とそうでない場合があるそうです。冷却期間をとらない方が復縁するのも早いこともあるようです。別れた状況や二人の考え方などの違いによって決まるそうです。


 それでは、冷却期間をおかずに復縁できるのは、どのような場合なのでしょうか?

 以下の5つのケースでは、取らない方が良いようです。
 1.自分から別れを切り出した場合
 2.軽いケンカ別れの場合
 3.別れる時に相手が泣いていた場合
 4.遠距離だった場合
 5.忙しくなり、すれ違いがあった場合

 この5つのケースでは、とにかく素早い対応が必要なのです。
冷却期間を置いてしまうことで、失敗につながる可能性があるのですから、手遅れにならないようにしたいですよね。
言葉にすると簡単ですが、取る取らないの見極めが難しいですね。しかし、復縁できるかどうかの重要なポイントであることは間違いありません。



 そして、次のような場合には、とても微妙なので、見極めがとても難しいのだそうです。

 1.重いケンカの別れ
 2.別れ際が感情的だった
 3.他に好きな人が出来た
 4.相手、または自分の浮気
 5.価値観の相違
 6.魅力を感じなくなった
 7.周りの反対にあった
 8.性格の不一致



 もし、冷却期間が必要ないケースだと分かっても、そこからどのように対応すれば早く復縁できるのかが分からないですよね。



 もし、あなたが冷却期間が必要かどうか分からなくて困っているのであれば、
 下記サイトをご覧になってください。

今すぐ・・・
 
復縁男性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法





 復縁男










posted by guide at 11:35| 復縁のテクニック

復縁に成功したポイント


 実際に復縁できた人の経験談によると、復縁に成功できたポイントがいくつかあるようです。

そのポイントは、次のようなものです。

1.別れていた間には、復縁の話は一切しないこと

 復縁できるまでの期間は、短ければ3ヶ月ぐらいから長ければ数年まで個人差があるようです。この方の場合には、半年間はまったく復縁の話はしなかったそうです。それでは、どのような付き合い方をしたのかというと、相手を忘れない程度の頻度でメールをしていたそうです。内容は、しつこくなく、あっさりとした文面にしていたそうです。ただ、相手を気遣うような内容になるように工夫をしたそうです。そういうことが、結果として上手くいったというのです。



2.共通の友人から相手の情報を得ること

 幸いにも、二人には共通の友人がいたので、相手の近況や心理状態などをできるだけ聞き出すように努めたそうです。仕事が上手くいっていないとか、別れてしまって落ち込んでいるとか、新しい相手を探すために合コンしたなど・・・。


 そういう情報を得て、相手を気遣うメールをすることができたことが、まったく空々しい内容にならずに済んだのだと思っているそうです。最低限の絆を繋ぎながらタイミングを待っていたということになるようです。



 結果から考えると、そういう情報があったから、相手を諦めることなく忘れずに済んだようです。

posted by guide at 11:31| 復縁の心構え