2014年05月07日

よりを戻すメール 悪い例、必死になって「好きだ」ではダメ!


 love1.gif

別れた彼女に対して必死になって愛情を伝えているつもりなのに・・・・
 無視され、シカトされ、まったく相手にしてくれない・・・・
 なぜなのか、自分の気持ちがまったく相手に伝わらない・・・・

 と感じることはありませんか?


 実は、復縁したいと頑張っている人ほど、このような悩みを抱えているのです。



 何が問題なのでしょうか?

 それは、あなたの気持ちの伝え方が間違っているからなのです。

復縁で失敗する人の72%は、気持ちの伝え方を間違えていることが原因で失敗しているのです。つまり、気持ちの伝え方がヘタだから、相手にあなたの気持ちが伝わらないのです。



 冷静になって別れた時のことを思い出してみてください。

 「なんで元カノは自分だけに気持ちを向けてくれないのか」と思ったことがありませんか?

そのようなことになったのは、あなたが元カノに自分の気持ちを正しく伝えていなかったからなのです。もっと具体的に言うと、あなたの気持ちを元カノに伝えられなかった、つまり伝える方法を間違えていたからなのです。

 あなたの気持ちが伝わらないのですから、元カノはあなたの気持ちを理解することができません。なので、気持ちを向けようとしても向けられなかったのです。




 よりを戻すメールや電話の悪い例を説明します。

 メールや電話でいくら必死になって、自分の気持ちを伝えたところで、伝わるはずがありません。元カノが欲しがっている言葉や態度などのツボを押さえられていなければ、元カノの気持ちがあなたに向くはずないのです。いくら必死になって「好きだ」、「愛してる」なんて言っても、ウザがられるだけなのです。終いには、しつこい男だと思われて、二度と会いたくないとという気持ちにさせてしまいます。


 必死になって伝えれば、気持ちが伝わるなんて考えていたのでは、復縁なんてできるずがないのです。そういう考えで、よりを戻すメールや電話をするのが、もっとも悪い例だと覚えておいてください。



 ところが、

 あなたの気持ちを正しく伝えることができれば、元カノの気持ちはあなたの方へ自然に向いてきます。とても簡単です。正しく伝える方法を学ばなければなりません。


 まず知っておかなければならないことは、元カノがどのような愛情タイプなのかです。愛情タイプの違いを知って、元カノが反応しやすいメールや電話、あるいは態度、プレゼントなどの対応をすることが重要なのです。



 愛情タイプについて詳しく知りたい方は、下記サイトをご覧になってください。

 今すぐ・・・ 
復縁男性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

 










posted by guide at 11:06| 復縁のテクニック